グローバルロジスティクスにおけるコンテナの活用

今日、産業界は、コンテナがグローバルロジスティクスの屋台骨であることを認識しています。コンテナは1930年代に考案されたものの、世界貿易の急増を理由に、第二次世界大戦後の1950年代に入ってようやく世界中で荷役単位としての標準化が果たされました。 

しかし、貿易貨物の取扱量が年々増え続けることを背景に、コンテナ、ならびに船舶や列車内のコンテナスペースに対する需要も高まっています。事実、大半の産業は、現在、海外または長距離の内陸輸送において、コンテナに依存しています。

これが港湾数に及ぼす影響

そして、コンテナに対するこうした需要の高まりを受け、既存の港湾の拡張および新規の港湾開発も増えつつあります。そこでJolodaは、独自の荷役ソリューションで荷役やコンテナ対応を必要とする会社のお手伝いをします。

Excel Line 39 Excel Line 39

Joloda Hydrarollが事業展開するエリアとは?

コンテナの積み込みや持ち上げにあたっての特殊な荷役技術により、Joloda Hydrarollは、40年以上にわたってこの産業で世界をリードしてきました。

このソリューションは、トラックでもコンテナの荷役をわずか数分で行う自動および手動のコンテナシステムです。それに加え、重量物を標準コンテナに積み込むことができるため、費用のかさむオープントップコンテナ(open top container)は不要となります。

全体として、当社のコンテナローディングシステムを用いることで、作業者は、コンテナにパレット積みされた貨物とパレット積みされていない貨物の配置をより正確に管理できるようになります。このシステムは、機械類、航空貨物コンテナ、ドラム、コイルおよびその他の大型製品に対応し、組み立て済みの最大28トンまでの荷重の貨物をわずか15分でコンテナに充填することができます。

Excel Line 34 Excel Line 34

Jolodaのコンテナローディングシステムが重宝される理由とは?

フォークリフトの使用を制限し、維持費を抑える

1人で作業可能

トラックやコンテナのターンアラウンド速度を上げる

運用コストを最小限に抑えて効率性をアップさせる

あなたの負荷を軽くしたいですか?

お問い合わせ